どら焼き
どら焼きの皮は砂糖・卵・小麦粉・蜂蜜・牛乳と、生命の源である沢山の材料で焼き上げております。皮の種類は全どら焼き同一です。
どら焼きの由来
どら焼きは、その形が金属製打楽器の「銅鑼」に似ていることから名付けられたとも言われており、関西では奈良の三笠山に見立てて「三笠」とも呼ばれています。
どら焼きが作られたのは江戸時代頃。
少しずつ形を変え、2枚の生地で餡を挟む現在の形は大正時代に考案され全国に広まったとされています。

美味しさいろいろ、ぜひご賞味ください。
どら焼き